5/18(土)〜6/3(日) 静岡ガレージセール開催! 詳細 >

知らない人はいない!?RUSSELL ATHLETICを深掘り!

知らない人はいない!?RUSSELL ATHLETICを深掘り!〜Slat2nd 無地スウェット編〜 RUSSELL ATHLETIC(ラッセルアスレティック)特集

知らない人はいない!?RUSSELL ATHLETICを深掘り!〜Slat2nd 無地スウェット編〜 RUSSELL ATHLETIC(ラッセルアスレティック)特集

こんにちは!Slat2ndスタッフの関口です!
皆さんは”古着と言えば?”と聞かれたら何を思い浮かべますか?
勿論人それぞれ思うものは違うと思いますが…多いのはやはり、”スウェット”ではないでしょうか。
その”スウェット”を初めて作ったブランドが今回特集する「 RUSSELL ATHLETIC 」なんです。

…というわけで、知らない人は少ないであろう老舗ブランド「 RUSSELL ATHLETIC」を深掘りします!

◼️「 RUSSELL ATHLETIC 」とは??
1902年、ベンジャミン・ラッセルがアメリカの アラバマ州アレキサンダー・シティで創業したアメリカを代表するアスレチックウェアブランド。
当初はウールを用いてフットボールシャツを製造していました。その後、フットボールチームに所属していた息子であるラッセル・ジュニアがコットン素材に改良する事を父に提案し、世界初の”スウェット”を製造したブランドです。
◼️「 RUSSEL ATHLETIC 」の歴史

1902年
ベンジャミン・ラッセルがアメリカで創業

1920年代
創業者の息子であるラッセル・ジュニアが汗によって皮膚の擦りむけが起こったり、着心地が悪くなる事を改善できると考え、創業者の父に当初のウールを用いた製造からコットン素材に改良する事を提案。 すぐに意見を取り入れ、生産した結果学生やスポーツプレーヤーに受け入れられ広がっていきました。
これが今でも多くの方に愛される”スウェット”の原型となります。

1960年代
世界で初めてのラス・プリントを開発。
高温でプリントし、乾いた後は洗濯や乾燥を何度も繰り返しても色褪せず、運動などの激しい摩擦にも負けない抜群の耐久性をもちます。
当時、アメリカのアスレチックウエアに欠かせない色彩豊かなプリントデザイン。スウェットが誕生した頃には洗濯で色落ちなどがあったり問題が多かったですが、改良されていったわけですね…!

1972年
名称が「ラッセル・サザン・カンパニー」から、
「ラッセル・アスレチック」に変更。

1989年
プロスポーツ選手のトレーニング用に開発された、
「プロ・コットン」ラインを発表。

1990年
ラッセルの代表的なシリーズ「ハイ・コットン」ラインを発表。

1991年
ラッセル史上最大の売上を誇る「NU BLEND」ラインが誕生。

…と「RUSSELL ATHLETIC」の歴史は古いことが分かりますね。現在でも注目されてるのが凄いです…!


続いてタグについて。
店頭に古い年代のアイテムがない為、見かける事の多い年代のタグをピックアップします!
70〜80年代の「金タグ」と呼ばれるタグ。
セカンドバージョンで「R」の部分に重なるように筆記体で斜めに「RUSSELL ATHLETIC」と入ります。
80年代〜現行のタグ。
現行に見られる青と赤のカラーリングデザイン。
こちらは初期のタグで、プリントタグになります。

年が経つにつれて刺繍のタグになっていきます。
また、初期は製造国がアメリカなので「MADE IN USA」と入るタグが多いですが、これも年が経つにつれて「MADE IN MEXCO」等の他国生産に切り替わっていきます。
続いては、私たちが普段から何気なく着用している”スウェット”ですが、現在のスウェットの原型のディテールをざっと見ていきたいと思います!
“吸水性”、”馴染みの良さ”、”動きやすさ”が追求されたスウェットが特徴で、そのシンプルな形からコーディネートに取り入れやすいのも魅力の一つですね。
身幅がゆったりでも着丈が長過ぎないコンパクトな形がまさに「スウェットといえば」の形です!
定番こそ何か惹かれる魅力がありますよね…。
また、ヴィンテージのスウェットでお馴染みの、生地の傷み防止や汗溜めの効果のある”Vガゼット”がつき、現在ではコスト削減の為に廃止しているブランドが多く、ヴィンテージへのリスペクトを欠かさない所も魅力の一つです。

また、ラッセルのスウェットには代表的なタイプがあり、一つはプロスポーツ選手のトレーニングを想定して開発された重量感があり、汗をしっかりと吸収する上に、動きやすさと型崩れしない頑丈さがある「プロ・コットン」。防縮加工を施した生地ならではの優れた機能性と耐久性を兼ね揃え、重量感としっとり感のある風合いが特徴の「ハイ・コットン」。
コットン50%、ポリエステル50%配合で、毛玉が出来辛く、色褪せが少なく、軽くて柔らかく乾きが早い「ニューブレンド」の3タイプがあります。
◼️無地スウェットを使ったおすすめコーディネート
現在、Slat2nd店頭では多数ラッセルの無地スウェットをご用意しております!厳選して関口的おススメコーディネートを店頭アイテムと組んでみました!
まず一つ目。
80’s RUSSELL ATHLETIC parka / ¥6,490(tax in)
ROYAL NAVY combat pants / ¥5,390(tax in)
ミリタリーパンツと合わせたコーディネート。
こちらのパンツはイギリス海軍のコンバットパンツ。
ウエストはアジャスターで調節でき、裾も絞ってシルエット変化も楽しめるアイテム。
ミリタリーコーディネートは難しいと思う方でも簡単に取り入れられるかと思います!!
二つ目。
90’s RUSSELL ATHLETIC sweat / ¥6,490(tax in)
90’s J.CREW L/S brand shirt / ¥4,290(tax in)
00’s Levi’s505 denim pants / ¥4,290(tax in)
スウェット×シャツ×デニムのアメカジコーディネート。敢えて大きめのスウェットを使うことでレイヤードもしやすくなります!デニムでスッキリとカジュアルにまとめてみました!
三つ目。
90’s RUSSELL ATHLETIC sweat / ¥6,490(tax in)
L.L.Bean fleece vest / ¥4,290(tax in)
Polo by Ralph Lauren chino pants Made in USA / ¥8,690(tax in)
Wead Shot bucket hat / ¥3,190(tax in)
フリースベストと合わせたアウトドアミックスコーデ。フリースベストは内側にドローコードがあり、絞ってシルエット調節も可能な万能アイテム!太めのチノパンとバケットハットで誰にでも真似できる古着らしいコーディネートにしました!

無地スウェットは地味だったりつまんないイメージがありますがコーディネートの組みやすさ、万能さはピカイチなので、持っていて損はありません!是非当店で試して頂きたいです。

また、ラッセルのスウェット以外にもスウェットパンツもご用意しているので一緒にチェックして頂けると嬉しいです!
最後までご覧頂き、ありがとうございます!
こちらで紹介したアイテムは通販も可能ですので、InstagramのDMやお電話よりお気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております!
Slat2nd
東京都杉並区高円寺南4丁目24-8
03-3314-5670

STORE INTRODUCTION

SLAT
〒1660003 東京都杉並区高円寺南4-6-1 1F
03-5913-8470
Instagram
Online
SLAT 2nd
〒1660003 東京都杉並区高円寺4-24-8
03-3314-5670
Instagram
Online
Albatross
〒1660003 東京都杉並区高円寺南3-45-17伊藤ビル1F
03-3314-5030
Instagram
Online
Albatross 2nd
〒1660003 東京都杉並区高円寺南4-6-1 2F
03-6383-2945
Instagram
Online
Isla
〒1660003 東京都杉並区高円寺南3-46-9
03-3314-5130
Instagram
Online